それでも、納豆は”ほぼ”完全食品!

− 「あるある大辞典」で一躍脚光を浴びた「納豆ダイエット」で

すが、番組で紹介されたデータが捏造だったことでがっかりした人

も多いと思います。

でも、納豆は伝統的健康食品で、健康に有用な成分が多く含まれ

ていることに変わりはありません。

この記事では、納豆のダイエット効果の面白い記事がありましたの

で、紹介します。

ほんとにダイエット効果はあるのか、健康に対してはどうなのか

を判るかと思います。

納豆は"ほぼ"完全食品

納豆100グラム(一般的な納豆パック2個分)に含まれる成分を

第五訂日本食品標準成分表で見てみると、

タンパク質:16.5グラム、脂質:10.0グラム、

水溶性食物繊維:2.3グラム、 不溶性食物繊維:4.4グラム、

ビタミンB1:0.07ミリグラム、

ビタミンB2:0.56ミリグラム、ビタミンE:1.2ミリグラム:

ビタミンK:870マイクログラム、カルシウム:90ミリグラム、

マグネシウム:100ミリグラム、カリウム:660ミリグラム、

鉄:3.3ミリグラム、亜鉛:1.9ミリグラムなどとなっています。

そのほかにも、リノール酸:53.0ミリグラム、イソフラボン:106

ミリグラム、 レシチン:0.9グラム、セレン:234マイクログラ

ム、サポニン、ナットウキナーゼなども含まれています。

エネルギーは、200キロカロリー。足りないものは、ビタミンAと

ビタミンCぐらいで、ほぼ完全食品です。

ビタミンAとCはネギに含まれているので、刻みネギを入れた納豆

なら完全食品により近づきます。

納豆のダイエット効果

では、納豆のダイエット効果はどうでしょうか。

「あるある大辞典」では、デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)

が取り上げられていました。

DHEAは、副腎から分泌される物質(ステロイド)で、体内でエスト

ロゲンやアンドロゲンなどの性ホルモンに変わります。

ホルモン類似物質(ホルモンは体内で生産されるものと定義されて

いますので、ここではホルモン類似物質と呼びます)を摂取すると

きには、注意が必要です。

ホルモンはバランスが大事だからです。

体内で十分な量が生産されているときに、過剰に摂取するのは危険

です。

DHEAの過剰摂取がすでに問題になっているアメリカでは、一般紙で

も過剰摂取の危険性が取り上げられています。

USA TODAYの記事などによれば、体内のホルモンバランスが崩れ始

めるのは30代を過ぎてからであり、若い人たちの摂取は利点がな

く、逆に悪影響を与えると指摘されています。

アメリカ国立加齢研究所も不足していないのにサプリメントとして

過剰に摂取してしまうことに警鐘を鳴らしています。

では、どんな危険性があるのでしょうか。・・・と言っても、ホルモ

ンの働きにはよく分からない部分が多いのです。

例えば、大豆にも含まれるエストロゲン類似物質のイソフラボンの

適量摂取は乳がんのリスクを軽減させるという研究がある一方で、

過剰摂取は乳がんのリスクを高めるという研究もあります。

あくまでも「適量摂取」に利点があるということしか、今は分かっ

ていません。

さて、ホルモン類似物質の過剰摂取には危険性があるということを

知っていただいた後で、DHEAのダイエット効果について考えたいと

思います。

医学系学術論文検索サイトMedscapeでヒットしたいくつかの論文

(例えばこの論文)によれば、DHEAが不足している(主に中高年

の)人がDHEAを摂取すると、基礎代謝が上がる効果があるのだそう

です。

納豆に含まれるEHDAは論文に掲載された実験で使用された量よりも

ずっと少ないですし、それ加えて、納豆2パックには200キロカロ

リーのエネルギーがあります。

ご飯100グラムで168キロカロリーですので、それを上回る栄養を

DHEAとともに納豆で取ることになります。

DHEAの摂取で基礎代謝がどれだけあがるのかは人それぞれですが、

成人の200キロカロリーも上がることはないのではないかと、わた

しは思います。

身長160センチ、体重50キロの40歳女性の基礎代謝は、1137キロカ

ロリーです。

200キロカロリーはその2割弱。納豆2パックでそんなに基礎代謝

がアップすることはないと思います。

そう考えると、納豆のダイエット効果はちょっと眉唾かもしれませ

ん。

番組では、実際に体重が減ったという結果が紹介されていたようで

すが(捏造かもしれませんけど)、ありえない話ではないと思いま

す。

それは、納豆に多量の食物繊維が含まれるからです。腸内老廃物

(いわゆる宿便など)が、食物繊維によって体外に排出されれば、

数百グラムから数キログラムの体重減少もあるかもしれないからで

す。

それでも納豆はおすすめです

納豆に、ダイエット効果はなさそうですが、がっかりすることはあ

りません。

ダイエットするなら、納豆の栄養価を考えた食事をすればいい。

それだけのことです。

納豆には、素晴らしい成分がたくさんあります。

心筋梗塞や脳梗塞の原因となる血栓を溶かす作用を持つ「ナット

ウキナーゼ」「ビタミンK」、様々な食中毒原因菌にも効果のある

抗菌成分「ジピコリン酸」、低密度リポ蛋白(LDL、悪玉コレステ

ロールと呼ばれる)を低下させる「リノール酸」、女性に不足しが

ちな「鉄」「セレン」、などなど。

大豆食品については、世界中で研究が進められているところです

(例えば、アメリカやオーストラリアなど)ので、これからもっと

素晴らしい健康効果が報告されるかもしれません。

日本人が昔から食べ続けてきた実績のある納豆ですから、胸を張っ

て食べ続けてもいいのではないでしょうか。

毎日の食生活の中に納豆を取り入れると、高価なサプリメントを飲

むよりもずっと簡単に栄養のバランスが取れるみたいです。

納豆に限らずほとんどの食品は、普通の食生活の中で摂取する限り

は有用です。

「あるある大辞典」で、毎週違った食べ物が紹介されるのを知って

いる人は「バランスよくなんでも食べないといけないんだな」と

気づいているはずです。それが、正しいと思います。【了】

■関連情報

PJニュース.net

※この記事は、PJ個人の文責によるもので、法人としてのライブドアの

見解・意向を示すものではありません。また、PJはライブドアのニュー

ス部門、ライブドア・ニュースとは無関係です。

パブリック・ジャーナリスト 小林亮一【宮城県】

この記事に関するお問い合わせ / PJ募集

そうですね。納豆にはいろんな栄養素が含まれているうえ、人によ

っては、ダイエット効果があるとの事ですね。

それよりも健康維持のために納豆を取る事の方が、有用だと思うの

で、そういった内容に訂正して放送した方が良いかと思います。

結果的に、消費者に迷惑が掛かったのでしょうが、納豆のメーカー

もテレビ局も製作者も、ここまで話題になったのですから、遅かれ

早かれ、納豆の成分と効能をなんらかの形で告知する必要ありで

す。

(引用:ライブドアニュース

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。